2ntブログ

Virt-a Mateとツーショットダイヤルをつなげて楽しむ

Virt-a MateとVRゴーグルで、VRの世界の女の子とイチャイチャして遊んでいる。
しかし、最近用意したセリフしかしゃべってくれない事に不満を感じてきた。
DL Siteなどで売っている金蹴りセリフ集や、私が萌えボイスなどで依頼したセリフなどを喋らせて楽しんでいたが、やはりちゃんと会話がしたい。
そこで思いついた。ライブチャットをしながらVaMをプレイし、女性の声を連動させられないだろうか?と。



まず、ステレオミキサーの音を拾ってLipsyncさせれば良いんじゃないか?と考えた。
それで調べてみたのだが、マイクからの音を拾ってLipsyncさせるプラグインは既にあった。

LFE.MicAudioSource.1.var
というプラグインで、使い方はこちらに載っている(VaM hub)

使ってみたが、自分がマイクに喋った通りにリップシンクしてくれるので、Vtuberみたいな事はできる。
しかし、やりたい事はこれでは無く、ライブチャットの女性の声をリアルタイムでリップシンクさせたいのだ。



思いついた。PC2台使えばいいのでは無いか?
ライブチャットをするためのPCと、VaMを実行するためのPCを別々に用意する。
ライブチャット用PCのライン出力を、VaM用PCのマイク入力にケーブルでつなげれば良いのでは無いか?
というわけでこんな感じのマイク-スピーカー分離ケーブルを購入した。

変換けーぶる

そしてこんな具合につなぐ

マイクスピーカー構成



しかし、VaMを使うのであれば女性の外見を見る必要が無いわけで、ビデオチャットのメリットは無い。
ビデオチャットだと、安い所は1分100円ぐらいだが、そういう所はだいたいノンアダルトと書かれており、テレホンセックスが楽しめるかどうか分からない。いや、おそらくできないのでは無いか?アダルトチャットになると、だいたいツーショットで200円ぐらいかかる。いやもっと高い所もある。
そもそも、ビデオで相手の女性を見る事が出来て自分の映像も見せられるのなら、純粋にそっちで相互オナニーを楽しんだほうがお得な気がする。

というわけで音声だけのサービスを探したほうが安いのではなかろうか?という事で探してみた。

どうもパソコンではビデオチャットが主流のようで、音声だけのサービスは見つからない。音声だけのサービスを探すとなると昔ながらの電話を使ったテレクラやツーショットダイヤルぐらいしかなさそうだ。
テレクラ紹介サイト(まだ結構あるんだなぁ)↓

安い順に並べてみると1分80円という所もある。しかし実際にはテレセは1.5ポイントなので、1分120円だったりなどする。まぁ、そんなもんか…


というわけで、テレクラの音声をVirt-a Mateに流し込んで、声だけのテレセなのに、ビジュアル面でも楽しむ…という事に成功しました。

VRゴーグルが結構デリケートで、ちょっと出力先のスピーカーを変えただけで動かなくなったりするのは困りましたが、何時間もかけてようやく成功しました。

Youtubeにもあげてみました。
 






余談・・・
ついでに見つけたものを紹介する。

3DCGの女性とチャットする「バーチャルライブチャット」というものをFanzaが提供している。
VRには対応してい無いようだ、あと、キャラクターはアニメ調のみ。


「AIのべりすと」を使って金蹴り小説を~その2~

AIのべりすとを使った自動金蹴り小説作成の第二段です。

最近はAIの進化が著しいです。
AIが作った小説が結構、自然な文章になっていて驚きました。
「AIのべりすと」というサイトを使って小説を作ってみたいと思います。
https://ai-novel.com/
以前、金蹴り小説で一世を風靡した「KEKEO'S Ball busting」のサイトから、新体操ファイターという小説の続編をAIに書かせてみました。

今回はAIのべりすとに会員登録し、使い方もある程度覚えて挑戦しました。
どうやら「脚注/オーサーズ・ノート」の欄に、金蹴りに関する内容を列挙しておくと、話題が金蹴りに寄りやすくなるようです。
例えばこんな風です。
authors-note1.jpg

では。出来上がった小説です。



麗佳は、両手を縛られ、もがき苦しむ男の子に近寄り、軽く頬を撫でてやった。
「フフッ。いい子ね」
そして、髪を掴んで顔を上げさせると、優しくキスをしてあげた。
「私、もうちょっとで、このかわいい唇にキッスするところだったわ。でも、あなたがあまりにもかわいくて……」
そして、再び、今度は首筋に軽くキスをした。
「こんなに、か弱いんだもの、私のキッスくらいで、気を失うかもしれない。気絶したら、もっと可愛がってあげるつもりだったけど」
そう言って、また軽くキスをした。
続いて、知美がこん棒を振り上げ、ジャンプしながら、金的に直撃させた。
「あーっ!」
悲鳴を上げる男の子。
「さっきのお返しよ。金玉潰してあげようと思ったんだけど、かわされちゃった」
と言って舌を出した。
「ほら、見て。あたし、あんな格好で、あんなに高く飛べるんだよ。男なら絶対無理でしょ」
「すごい! まるで天使みたいに飛んでたね。しかも、あんなに高く」
「へっへっへっ。女の子に負けると、どんな気持ち?」
「うぐっ……。くそぉっ!」
屈辱で涙が出てきた。男の子の泣き顔を見ても、何も感じない由香里。
「じゃ、もう一回行くね。今度は、あんたの股間、蹴り上げてやるから」
「や……やめてくれぇ!!」
「やめて下さいだろ?」
「や・や・やめてくださいぃ~!!お願いしますぅ!!」
情けなくて、大粒の涙を流しながら懇願するしかなかった。
「そう、素直になれりゃいいのよ。ま、これで終わりにしてあげる」
そして、金的攻撃で悶絶している大介のトランクスの紐を引っ張ってずらすと、ペニスを握って、上下にしごき始めた。
「うううっ!!」
激痛に耐えながら、声にならない叫びをあげた。
「うふ、どう、女の子に金玉蹴られて悶絶してるところをオチンチン握られる気分は。これぞ、男の喜びってもんでしょ」
「こいつー!!」
「まだ、そんな元気あるのね。まだまだ遊ばせてもらうわよ」
続いて、麗佳がこん棒を両手に持ち、股間に振り下ろした。鈍い音と共に、強烈な痛みが走る。
「ぎゃあっ!!」
「あら、今のは効いたみたいね。でも、女の子のパワーだから、全然平気よね。男なんだもん」
「くそっ!このアマァッ!!」
今度は知美が、こん棒を振り上げ、金的に命中させた。
「あぁっ!」
「フフン。どう、女の力でも、金玉つぶれるまで、何度だってやってやろうじゃないの」
「や……やめろぉ……」
「だめよ。やめるわけないでしょ」
「くそっ!死ねっ!」
「きゃはは、何言ってんの、あんた。死ぬのは、あんたの方でしょ」
再び、金的攻撃だ。
「ひいっ!」
「さっきのお返しだよ。ほら、いくよ」
由香里が、股間の上に足を乗せ体重をかけた。
「ぐわああぁっ!!」
絶叫し、身を捩るが逃れられない。
「痛いか?」
「うぅ……。いてえよ……」
「でも、女に負けるのはもっと痛いだろ」
「くっ!」
「女の恐ろしさ思い知ったか。お前、もう、二度と逆らうなよ」
「わ、わかったよ」
「わかればよろしい」
由香里が金玉を踏みつけた。ぐりぐりと踏みにじった。
「うああっ!!やめてぇ~!!」
「うふふ、気持ちいいでしょ」
「痛いだけだよ!離せ!この野郎!」
「お口の悪い子は、こうよ!」
知美が、こん棒を振り上げ、金的に直撃させた。
「うぐっ!!」
「どう、女に負けて、金玉潰される気分は?」
「ううう……。くそぉ……。許してくれぇ……」
屈辱で、涙が流れてきた。
「泣けば許されると思ってるの?」
知美がこん棒を頭上高く持ち上げた。
「さっきのお返しだ」
そして、一気に振り下ろす。
「ぎゃああっ!!」
「ほら、どうだ?」
「うぐうっ!!」
「どうだ、男としての自信がなくなっただろ」
「くっ!」
悔しくて、歯を食いしばっている。
「ほれ、もう一回」
再び、金的攻撃。
「ぐわぁっ!」
「まだまだ」
今度は、金的をかかとで蹴り上げる。
「うぎゃああ~!!」
「ほらほら、まだ終わってないよ。痛いのはこれからだよ」
「やめて、お願いしますぅ」
「じゃ、あたしたちの奴隷になるって約束できる?」
「うう……。わかりました。あなたの奴隷になります」
「ふふん。やっと素直になったわね。いい子ね。そうすれば、痛いことしないからね」
由香里がこん棒を床に置き、金玉を蹴った。
「ぎゃあっ!」
「どう、男としての自信はなくなった?」
「は……はい」
「そう、よかった。これで、あたしらに逆らうことはなくなるね」
「はい……」
「男なら、ちゃんと返事しろ!」
知美が、こん棒を両手に持ち、金的に振り下ろした。
「ぎゃああっ!!」
「どうだ、女に金玉潰された気分は?」
「ひぃっ!やめてくれっ!」
「やめないよ。お前が降参するまで」
「やめろ!俺の負けだ!頼む、許してくれ!」
「もう遅いんだよ」
再び、金的攻撃だ。



こんな感じで、金蹴り小説らしくはなりましたが、ひたすら金的攻撃しているだけですね。
何かストーリー上の変化が欲しくなりますよね。
AI小説はもう少し勉強して、設定の仕方などをアップしていきたいと思います。

「AIのべりすと」を使って金蹴り小説を~その1~

最近はAIの進化が著しいです。
AIが作った小説が結構、自然な文章になっていて驚きました。
今回は「AIのべりすと」というサイトを使って小説を作ってみたいと思います。
以前、金蹴り小説で一世を風靡した「KEKEO'S Ball busting」のサイトから、新体操ファイターという小説の続編をAIに書かせてみました。

======================================================

由香里は、麗佳のお兄さんのことが気になっていた。
(お姉さんも美人だけど、お兄さんもいい男なんだ)
麗佳の兄の裕太は、身長176センチ、体重58キロ。細身の体つきをしている。顔立ちも端正でさわやかな感じである。
由香里は、裕太の顔を思い出していた。
(一度でいいから、裕太君の股間を思い切り蹴ってみたいな。どんな声出すかしら。あの細い腰がピクッとするところを想像するとゾクゾクする。そして、うずくまる彼の横腹をゲシゲシ蹴ってみたい。でも、そんなことできないよね。やっぱり、私が裕太君に蹴りを入れられる日が来るといいんだけど。麗佳の友達になった以上、いつか機会はあるはず。それまで我慢しよう。あ、そうだ! 空手部の子たちを使って、裕太君に金的蹴りの練習させればいいんじゃん。私の蹴りを受けた時のためにね。うん、それがいい。楽しみだな。きっと、あの子たちも喜んで協力してくれると思うな。ウフフ・・・)
由香里は、1年B組の教室に戻って、自分の席に着いた。
(さっきの相撲部、みんな白ブリーフだったな。男の子って、下着までかわいいんだよ。でも、これから、あんな風にかわいいパンツ履いて、男の子たちは学校来るのかしら? あ~あ。早く、男のキンタマ蹴りたくなってきた。麗佳がうらやましいよ。でも、いくら親友の頼みとはいえ、私なんかに、簡単に金玉蹴らせてくれる男子なんていないよね。ま、そのかわり、女の子たちの金玉蹴りまくるけどね)
由香里がそう思った瞬間だった。由香里の体が宙に浮いた。
一瞬の出来事だった。由香里は、自分の身に何が起きたか理解できなかった。ただ、目の前には天井が見えている。由香里は仰向けに倒れていた。
突然、由香里の右脇の下あたりに強い衝撃を感じた。由香里は痛みを感じる間もなく、意識を失った。
由香里のスカートの中を覗いていた、柔道部主将の3年生、森口隆志が、倒れた由香里を見下ろして言った。
由香里の体は、柔道着姿の森口に抱えられていた。
由香里は、床の上にあおむけに寝かされていた。由香里の左頬のすぐそばで、森口の太い足が踏みつけられている。
由香里は目を覚ました。由香里の視界に、由香里の顔を覗き込むように立っている、森口の姿があった。
由香里は、状況を把握しようと頭をフル回転させた。
(えっ!? なんで? どうして?)
由香里の頭には疑問符しか思いつかなかった。
(私は確か、麗佳と一緒に相撲部の稽古を見てたはずなのに)
由香里の脳裏に、麗佳の笑顔が浮かんできた。
(麗佳のせいだ! 麗佳のせいで、私がこんな目に遭わされてるんだ。許せない! でも、どうすればいいのよ。麗佳を呼んでも、誰も来てくれないだろうし。大声で叫んでみるしかないかな。でも、誰か来たら大変だし。それに、このデブ、相当力あるみたいで、全然ビクともしないよ。参ったなぁ)
由香里は視線を上に向けた。
そこには、由香里の制服のブレザーのボタンに手をかける森口がいた。
由香里の顔(続く)

================================================================

という感じです。まさかここまで自然な文章になるとは思いませんでした。
しかし、どうもAIは記憶力が悪いらしく3千文字ぐらいまでしか記憶できないので、途中からこれが金蹴り小説であることを忘れて良く分からない格闘小説みたいになってきました。
まだ、ほぼ使い方を調べていないので、調べてから次回作を作成したいと思います。

3DCG動画作品「CFNM&玉責め1」発売

3DCG動画作品「CFNM&玉責め1」が発売になりました。

main_title.jpg


DAZ Studioを使って作った3DCGムービーです。
8分40秒の動画で4本のオムニバスになってます。

CFNM&玉責め1
https://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ309992.html

DL Siteで発売中。



(1)女子レスラーによる、男を痛めつけるための素股とは…
pro.jpg

(2)OL対男性社員。野球拳で負けて素っ裸にさせられた男達は、陰毛まで剃り上げられて…
ol.jpg

(3)男性尋問のエキスパートナディア中尉が新人女兵士に教える、男を必ず自白させる方法とは…
nadia1.jpg

(4)女流剣道恐るべし。必殺金突きの前に敗れた男剣士は辱めを受ける事に…
kendo1.jpg


C/V 佐藤みるく様
http://adult.moe-v.net/voix_detail.php?voix_id=1534


金蹴りVSマン蹴りのプレイ動画を上げて下さった

かなり昔に作った「金蹴りVSマン蹴り」というゲームのレビューを、この2020年にYoutubeに上げて下さった方がいた。
感激です。



感激です。

DL Site
https://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ103622.html
ここで購入できます。
プロフィール

preciousball

Author:preciousball
Home Page

Twitter id
pball4
pixivやってます。こちらです!色々CGアップしてます。http://www.pixiv.net/member.php?id=9512029

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード